その他 Q−06:
   合成スラブ用デッキプレートの割付図の役割について教えて下さい。また必要な作図項目は
   何ですか?
A: 合成スラブ用デッキプレートの割付図面は、施工品質を確保する上で重要な役割を果す『施工図』として施工業者の責任において作成されます。適切な施工を行うために必要な作図内容(作図項目)が「合成スラブの設計・施工マニュアル(P104)」に解説されていますので、参考に紹介します。
  また、これに加えて『発注図』(承認図・契約図書の一部)としての役割を持つことも少なく有りません。その場合は必ず監理者の承認を得て使用するようご注意下さい。

  (参考:必要作図項目)
① デッキプレートの種類、板厚、めっきまたは塗装
② デッキプレートの長さ、枚数、合番
③ 敷込み方向
④ 梁へのかかり代と幅調整寸法
⑤ 幅調整板、小口ふさぎなどの付属品
⑥ 現場加工の位置と方法
※割付図面は床施工図として、上記デッキプレートの割付に必要な情報以外に「コ
   ン止め工事」や「開口部補強工事」等の施工情報が併記されることがあります。
   その場合は、図面の承認範囲・責任範囲を明確にして下さい。

以下にデッキプレート割付図(例)を示します。

【デッキプレート割付図例】


▲ページ先頭へ戻る
ページを閉じる