施工 Q−01:
溶接金網の4枚重ね部は厚さが48mmになり、コンクリートのかぶり厚さの確保や、スペーサーのセットなどで施工が困難だが、なにかよい方法はないか?
A: 溶接金網の4枚重ね部分は一番上の溶接金網のコンクリートかぶり厚さが2cm以上になるよう、背の低いスペーサーを用い、溶接金網を変形させて納める。(図−1参照)
この時溶接金網が跳ね上がらないよう充分に結束すること。また4枚重ねより、3枚重ねの方が重ね部の施工が容易になるので図−2のように少しずらして3枚重ねとする方法もある。

図−1 図−2


▲ページ先頭へ戻る
ページを閉じる